画像1 画像2 画像3

2組目のゲスト

【5月17日】
2組目のゲストは卒業生の杉山友和さんと米田英美さんです。
先日のOB会でもお会いしたので、わずか4日ぶりの再開ですね笑

OB会については、順序が入れ替わってしまいますが、後日番外編としてUPする予定です。
 

前半はヨネタエミ建築スタジオ 米田英美さん
(米田先生と紛らわしいのでこれからはエミさんと表記させていただきます。)
「考えていること」
・物事に対し疑ってかかる。
あたりまえの事が本当に当たり前なのか。
・プラン
平面図を何枚も何枚も考える。
・繰り返し試行錯誤
少しづつでも新しい価値を生み出す
実例紹介として、
既に竣工したHouseY(宮の沢)
これから実施設計に入るHouseS(苫小牧)
この2つを紹介していただきました。
施主さんの要望に応えつつ、たくさんの平面的なスタディを重ね、実際に図面にして行く過程を紹介していただきました。
何よりも素直でシンプルな建築の作り方、空間の考え方、であるような気がしました。
水回りは水回りで集めたほうが使い勝手がいい、コストが抑えられる、など、疑うことはしているけれどある程度従来のものを継承しているようなプランの作り方なので、すんなり入ってくる、しっくりと収まる、そんな印象を受けました。
副顧問である高木さんは前半で帰ってしまったのですが、エミさんのHouseSについて本格的なエスキスが始まり…
具体的すぎる提案やアドバイスで学部生は少し置いてけぼり感が出てしまいましたが…笑
私は、こうして住宅が作られて行くんだなぁ、貴重な場面を見る事ができたなぁ、と思いながら聞いていました。

では高木先生お気をつけて(´∀`)ノ
後半はARCHIve 杉山さんです。

中山さんの事務所でエミさんとは8年と2ヶ月程一緒に働いていたそうなのですが、全く違った建築の作り方、空間の考え方でした。
杉山さんに紹介していただいたのは昨年に引き続き、自邸である「北光の家」
平面的なスタディを重ねるエミさんとは違い、とても立体的に捉え、説明も断面図や3Dが多いのが印象的でした。
まずは最初に本の紹介

「ユートピアへのシークエンス」
近代建築が予感する11の世界モデル
著者:鈴木了二
この本で紹介されている、
ミースにより設計されたバロセロナパビリオンについて触れました。
用途がない部屋の中にある心地よさや開放感、使う人や季節などによって変わってくるような空間がとても魅力的。
北光の家はアパートとアパートに挟まれた狭く細い敷地に、高さのある銀色の箱がどーんと突き出したような形はまさかそれが、住居だとは思えないような奇抜な雰囲気
ですが中はとても居心地が良く吹き抜けと階段で繋がった住居スペースが広がっている
高さを上手く利用して駐車スペースをつくり、テラス空間を作り、光を取り入れたり、視線の抜けをつくりだしたり、外の雰囲気とは全く違った室内空間が広がっています。
内部と外部の関係や階段を利用した部屋の区切り方、内部への外部の取り入れ方、など、コンペとかで言えたらかっこいいなぁ!
学生の憧れをカタチにしたような建築だなぁ、と感じました笑

プランを練って練って確実にカタチにして行くエミさんの考え方、潜在的な心地よさを立体的に追求して行く杉山さんの考え方、それぞれ全く違う設計の仕方があるように感じました。
どちらが良いとか悪いとかではなく、自分は設計をする際にどう考え込んでカタチにして行くのか、自分にはどんな考え方があっているのか、自分なりの方法を見つけていきたいなー、と感じました。
あー、もっと早くこの話を聞きたかった…
この話を聞いてからカフェテラスとか住宅を設計したかった…!
 なーんて言ってられないので、全ては卒業設計でカタチにしていきましょう。笑。
では最後にいつもの
スポンサーサイト

1組目のゲスト。

【5月10日】
記念すべき1番最初のゲストはこのお二人です。(画面左側)さっそくゼミ生とお話ししてます。

造形演習の原井さんと…え?誰?と、思われた方もいるのではないでしょうか。


原井さんがフランスへ留学している間、造形演習の授業をしてくださっていた梶田みなみさんです。(ちょうど私達が一年生の時です。)


なので、私達四年生はみなみちゃん、こと梶田さんの事はよく知っているのですが、原井先生の真面目な話を聞くのはこれが初めて。


逆に院生のお二人は梶田さんとは初めましてですね。



改めて自己紹介と四年生はみなみちゃんとの思い出について雑談をしてからスタートしました。


そんな中以前梶田さんの個展を見に行ったことのあるゼミ長の一言が…


「いやぁ、お尻が可愛かったですね!」


え、なんの話…?みんなが少しどよめいたところで、始まり始まり。ネタバラシは後ほど。



こちらは卒業制作で作った作品です。


モリマモリ。


梶田さんはこの作品をキッカケに、空想上の森に住む生物を作っています。


発泡ウレタンやグルーガンなど、様々な材料をつかって生み出される生き物達はとても可愛らしかったです。




これがゼミ長が見に行ったという個展の作品。
そしてこの子の後ろ姿が…

お尻!本当に可愛いですね笑
梶田さんの「この子達は○○で…○○という設定で…」と、とても楽しそうに紹介している姿がとても印象的でした。 
作品展の苦悩や喜びなど、沢山のお話を聞くことができました。
続いて原井さんの作品紹介です。

私は原井先生の授業を受けたことがないので、今までは酔っ払った原井さんしか知らなかったのですが…

こんなにも繊細で、緻密な作品を作っていたなんて…
ギャップにビックリしました…(ちょっと失礼ですかね…?私なりの、ちゃんとした褒め言葉のつもりです。)
最後は恒例の記念撮影です。

 楽しいお話、ありがとうございました!

2017年度活動開始!

初めまして!2017年度広報の松尾です。
2017年度初のブログ投稿です。
改めて、米田研究室をよろしくお願いします!
4月…はとっくに過ぎてしまったので、4月のゼミの活動はダイジェストでだだーっとお送りします!笑
1ヶ月分まるごとなので長くなりそうです。笑。 
写真をあまり撮ってないので文字多めです。
【4月12日】初顔合わせ
副顧問の高木さんも参加です笑

(…隠し撮りみたいなのしか残ってなかった。)
初の活動ということで、これからの活動スケジュールや注意事項についてのお話がありました。
それぞれの役割がすんなり決定しました!
○ゼミ長→加藤
*副ゼミ長→三浦
*コンパ係→茂泉・英
*予算係→松本
*清掃係→岩木・谷浦
*広報係→松尾・納谷 
みんなで力を合わせて頑張りましょう!
机や椅子のレイアウトも変わりました!

去年よりも2人多いですが、それぞれのスペースは割と広々しているような印象です。
今年のメンバーはパソコンが得意な人が少ない模様…。私は、本当にダメです。覚えなきゃ…
【4月19日】図書館

昨年同様席順は毎回あみだくじで決めます!
あみだ職人しゅうとくんのあみだを書くスピードが異常に早い!くじは彼の仕事になりそうですね笑
では活動スタートです!
前半は…
事前に読んできた課題の本について語り合いました!
「つながる図書館」
コミュニティの核をめざす試み
著者:猪谷千香
気になる方は読んでみてください(^^)
 
後半は…
メンバーそれぞれ、気になる図書館をプレゼンしました!
図書館一覧がこちら↓
・ブックマウンテン 
設計:MVRDV (オランダ)
・バスコンセロス図書館
設計:カラチ(メキシコ)
・国際教養大学中嶋記念図書館
設計:仙田満(秋田)
・シュトゥットガルト市立図書館
設計:イウンヨン(ドイツ)
・さんごさん
(長崎県五島列島)
・アピラ図書館
設計:JKMM(フィンランド)
・阿佐ヶ谷の書庫
設計:堀部安嗣(東京)
・シアトル中央図書館
設計:レムコールハース(アメリカ)
 
被っている作品もあったので、8作品です。
気になる建築があれば調べてみてください(^^)
(とか言いつつ誤字とか色々ありそうなので、参考程度にしてください…ね。)
続いて、米田先生から建築作品の紹介がありました。
・すみだ北斎美術館
・なかまちテラス
 
どちらも妹島和世さんの設計です。
こちらもチェック。
 
本について語り合う、という初めての経験でした。それぞれ見所が違っていて面白かったです。
【4月26日】芸術
前半は…
今回も、事前に課題の本を読んで語り合いました!
「今日の芸術」著者:岡本太郎
こちらも、気になる方は読んでみて下さい。
後半は…
水玉の女王、草間彌生さんについてのビデオを鑑賞しました。
巨匠2人の生き様について触れ、「自由」って何?「美しい」って何?など色々考えさせられました。
サイン計画完成しました!
デザインはゼミ長です!


かなりシンプルでサイズも抑えめなので、見逃さないでくださいね!笑
だだーっと書いてきましたが、
そろそろ終わりです。
次回は番外編。
ゼミではなく、空間デザインの敷地調査の様子をお送りします!

トショカンの敷地調査へ行って来ました!

【4月18日】敷地調査
今回の空間デザインの課題である、トショカンの敷地調査の様子です。
今回は色んな人から送って貰った写真です笑
↓見ての通り私も撮ってたんですが…JPEG保存して無かったせいで上手く使えませんでした…。修行します。
また、写真サイズの調整がなかなかできるようになりません…。修行します。

あいにくの雨。春の雨ってなんでこんなに寒いんでしょうね。私は偶然就活で午前中にも施行中の現場の見学だったので、体が冷え切りました…。
市役所のロビーで待ち合わせをしてスタートしました。
↓市役所の屋上にて

先生達も真剣です。

なんだろう、この、ゼミ長(右)の少年感。
…いい歳のハズなのに、無邪気過ぎてたまに小学生にしか見えない時があります。笑

ピース!

次は創成川公園を経由してテレビ塔へ。

今回の課題で想定している敷地は、実際には現在超超大規模な工事の真っ最中なのです…

…渋い顔してますね。




…演説?

いい顔してます。

真剣な眼差しですねー。

!?

さて!再び高いところへ。
↓さっぽろテレビ塔にて 



お買い物…?笑

最後にテレビ塔の下で記念撮影。

トショカン。なかなか大きいスケールなので感覚が掴みにくいですが、頑張りましょう!!
 INDEX    RSS    管理

プロフィール

HguDesignStudio

Author:HguDesignStudio
北海学園大学工学部建築学科米田ゼミのブログです。

twitter

アルバム

QRコード

QR

検索フォーム