画像1 画像2 画像3

最後のゲスト

【6月15日】
最後のゲストはおなじみ高木さんです。

・・・あれ?なんか少ない。
季節の変わり目だからなのか、トショカンの発表が終わり気が緩んだのか、体調不良が多発し数名が欠席or遅刻・・・
大丈夫かーーーー!?
みなさま体調には十分お気をつけください。
今回は前回宿題になっていた、課題についてそれぞれ発表しました。
その宿題というのは、言葉で伝えるのは少し難しいのですが、簡単に言うと、
「別の角度から建築を見てみよう!」
って感じですかね。それぞれ本を読んできて、哲学や生物学、一見建築に関係ないようなことを掘り下げて、
・建築との共通点
・建築として形にするなら・・・?
みたいなことを考える課題でした。

最初は高木さんのオススメの本紹介。
・反美学
・ベンヤミン
・美術に何が起こったか
・世界は分けてもわからない
・「歴史の終わり」と世紀末の世界

ではさっそく発表に移りましょう。
全員の内容を紹介すると、とてつもなく長いので、今回も部分的にキーワードのみの抜粋とさせていただきます。
その場にいた人にしか伝わりにくいものになっていると思いますし、これでもかなり長いです。ご注意ください。笑。
それぞれの趣味や興味を持ったことから調べたこともあり、個性が出てとても面白い発表でした。
高木さんのご指名により、院生から反時計回りで発表しました。
ファッションリーダー、河中さん

「服飾」
オートクチュール パリ・モードの歴史
フランソワ=マリー・グロー 著
モード(流行)
ビジネス面
オートクチュール(オーダーメイド):プレタポルテ(量産型)
⇒設計事務所による家:ハウスメーカーの家
⇒服と建築
服の延長が家にもなりうるし、家の縮小版が服にもなりうるのではないか。
副業
服と香水
⇒建築と○○(インテリア、リノベ、シェア、コミュニティ)
語る建築家、谷浦

「文化人類学」
文化人類学のすすめ
文化の定義
文化の定義は提唱者の数だけある。
定義は多様だが文化の定義にこだわることは重要だ。
文化人類学者 山口昌男 モダン ポストモダン 様式 ブリコラージュ
ゆっきーは意外にも、ピアノ弾けるそうですよ!いつか披露して貰わねば。

「音楽」
ピアノの歴史
スチュアート・アサイコフ 著
図面と楽譜
共通言語
ピアノは不思議な箱で中には弦とハンマーとフェルトだけではなく、希望、あこがれ、失望も詰まっている。
⇒「箱」という言葉は家に対してもよく使われる言葉である
ただの箱を造るのではなく、中に何を造るのか、何が生まれてくるのかを考えなくてはならない。
作品の調⇔本通り(町並み)
ひとつのコンセプト 1本の通り 迷わないように戻ってくる
温故知新
時代 サイクル 古いけど新鮮
テーマがかぶってたので一緒に紹介します。
納谷&松本

「哲学」
現代思想史入門
舟木亨 著
14歳からの哲学
池田晶子 著
淘汰される
優劣思想
言葉に意味があるとはどういうことか
卵が先か鶏が先か
脱構築
筋道
ポストモダニズム
名詞を使わないで生活することは出来ない
哲学とは
美しさとは
英さんは舞台女優の経験を生かし発表してくれました。

「演劇」
演劇入門 平田オリザ
筆者にとって演劇を創るという行為は筆者に見えている世界を社会に向けて開示すること。
演劇の技術とは「自分の妄想を他者に伝える」技術である。
台詞を書く際には、遠いイメージから入ることが原則である。
リアルとは何か
演劇を創るということは一つの架空の世界を構築するという行為である。
だがその行為は手続きや手順によってリアルなものになったりならなかったりする。
コンテクストのずれ
文脈
テーブルなのか
ちゃぶ台なのか
説明的なセリフ
多くの人が見る・使うことが前提になる
他人の解釈にゆだねる
ゼミ長加藤
「生物学」
世界は分けてもわからない 福岡伸一
この本は高木さんもオススメの本として紹介してくれました。
みなさまもぜひ一度お読みください。
トランスプランテーション
臓器移植
鼻はどこまで鼻なのか
神経・ホルモンなど、辿っていくと体全体を取り出すことになる。
境界はどこなのか
三浦君は舞台の音響をしていた経験から、映画の音響について興味をもち、映画の音響について発表。
映画音響といえば、「君の名は」が話題になりましたね。(私は見てませんが・・・)
「映画」
Sound design
映画を響かせる音の作り方
ある映画のエンディングが無音だったため、HappyendなのかBadendなのかわからず、見た人の判断に任せる。
音響はどんな場面で利用されているのか
・人物や物体の音と、脚本に書かれているオン・スクリーンのアクション
・音がある環境
・登場人物や観客が体験する感情
・場面転換またはストーリーの切り替わり
高校時代書道部で現在も習字を続けているので書道について発表しました。
松尾
「書道」
海のアリア
芝橋伴夫
本の中から建築に共通すること、創作活動をするにあたって意識したいこと、について発表しました。
今回私は実際に楷書の極則である九成宮を実際に書いてきました。(集合写真で河中さんが持ってくれています。)
建築の課題の発表とはまた違って、自分が書いた書に注目されるのは、照れくさいなぁと、改めて感じました。
基礎があってこそ作品を作ることができる
基礎により生まれる不自由から解き放たれろ
芸術とは
人には、自分を高め、その精神をより研磨してくれる仲間が必要になる。
芸術とは、いつも孤独な作業である。その孤独な淵を溶かし、包みこみ、更なる創造的仕事へ挑む仲間たちがとても大切になる。
アトリエとは
ボクシングでいえば相手を倒すリング(決闘場)だ。ただ勝負する相手はそこにはいない。芸術家は、最高の作品を生み出すために、自分自身と闘い続けなければならないのだ。筆を握り、髪の中に自分を再創造していく。ある時は、疾風のように、ある時は流れる水のように、動き回りながら・・・。しかしどんなに動いても、身の軸がぶれてはいけない。
創造行為とは、まさにゴールのない旅、だからこそ一歩でも前に進むためには、日々精進しなければならない
名言集みたいになってしまいましたが、こんな意識を持って、卒業制作にも挑戦したいですね。

6時くらいまで熱く語り合いました・・・

正直へとへとです笑
最後は、いつもの記念撮影です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

プロフィール

HguDesignStudio

Author:HguDesignStudio
北海学園大学工学部建築学科米田ゼミのブログです。

twitter

アルバム

QRコード

QR

検索フォーム